トップ > 食器・漆器 > MOTTAINAIの森 バターナイフ

MOTTAINAIの森 バターナイフ

定価 : 1,200
価格 : 1,200円(税込1,296円)
ポイント : 77
数量
 
樹種をお選びください
<ご注意>
こちらの商品はご好評のため「桜:花」「白樺:はっぱ」が完売いたしました。
(次回入荷はございません。)


使うごとに味わい深くなってゆく、木製のバターナイフ

「日本の森を元気にする」をコンセプトにしたMOTTAINAIの森シリーズ第4弾。MOTTAINAIの森 バターケースのフタを製作する際に出た端材を使用して作ったバターナイフです。使うごとにバターの油分が染みこみ、より味わい深くなってゆく“木”ならではの変化をお楽しみいただけます。

バターケースに使用されているものと同じ木種、桜・胡桃・白樺の三種類があります。

また、バターケースとのセットもご用意しております。
※画像をクリックすると拡大します
胡桃(クルミ)の木 白樺の木
桜の木
商品のポイント
※画像をクリックすると拡大します
バターナイフの先は、バターを切りやすいように、鋭角に一つ一つ丁寧に職人の手で加工しています。 バターを塗りやすいように、ナイフの先幅は広めに加工しています。また、持ち手部分は太めに加工しているので、持ちやすく、力が入りやすくなっています。
台紙にはセキユリヲさんのテキスタイルがデザインされています。ちょっとしたプレゼントにもぴったりです。 バターケースに使用されているものと同じ木種、桜・胡桃・白樺の三種類です。
◎バターナイフに使用している木の説明◎
実:胡桃の木 はっぱ:白樺の木 花:桜の木
外皮の特有な成分が他の樹木の生長を妨げることから、日本の森の中では重要視されていないクルミ材を有効活用。油分を含んだしっとりとした木肌を活かしました。 国産材の中では、やや柔らかく強度に劣るため、これまで木材として陽の目を見ることのなかったシラカバ材を活用。白い木肌に、パターングラフィックが引き立ちます。 山の斜面で早春の彩りをもたらすサクラの中でも、曲がって育ち、チップとして砕かれパルプとなっている小丸太を有効活用。手触りの良さが特徴です。
[商品データ]

[バターナイフ]
■サイズ:幅 約2.5×長さ 約15cm
■樹種:(国産)桜の木・胡桃の木・白樺の木
■仕上げ:オイル
■送料:2個まで郵送(300円) 3個以上は宅配便(M1サイズ) 送料一覧はこちら(別画面が開きます)
※商品の売上の一部は、環境を守る世界共通語「MOTTAINAI」を提唱するワンガリ・マータイさんが創設したケニアの植林活動「グリーンベルト運動」に寄付されます。
◆使用上の注意◆

[バターナイフ]
・安全な天然の植物性オイルを塗って仕上げています。
・汚れが気になる時は軽くお湯で洗い、乾いた綿布で水気を拭き取ってください。
・湯水などに長時間浸すことはお避けください。 電子レンジ、オーブンでの使用はおやめください。
・定期的に、オリーブオイル等ご家庭にある植物オイルを薄く塗ると、表面の汚れや乾燥によるひび割れを防ぎ、使い込むほどに落ち着いた色合いになります。
セキユリヲさん

やわらかくあたたかく、色彩豊かな図案を考えるデザイナー。「サルビア」では「ささやかだけれど、生活を楽しくするもの」をテーマに、その図案を使った服飾雑貨やインテリア小物、本づくりなどを手がける。

セキユリヲさんからのメッセージ

毎日の直卓で使いこまれてゆく木の表情の変化を楽しんでください。

MOTTAINAIキャンペーンは、「もったいない」を環境を守る国際語「MOTTAINAI」とし、 地球環境に負担をかけないライフスタイルを広め、持続可能な循環型社会の構築を目指す世界的な活動です。 グリーンベルト運動の創始者であるワンガリ・マータイさんが提唱し、2005年からスタートしました。

オークヴィレッジはこの活動に賛同し、ワンガリ・マータイさんの想いをより多くの人々に伝えていきたいと 考えています。

写真提供:毎日新聞社

<配送サイズについて>
「よくあるご質問・配送について」より配送料をご確認ください。

<仕上げについて>
「よくあるご質問・商品について」よりご確認ください。

<木目や色合いについて>
無垢材を使用していますので、木目や色合いが画像と異なる場合がございます。
木の個性となりますので予めご了承下さい。

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません