仕上げについて

無垢材を使ったオークヴィレッジ商品の仕上げには、主に「漆」または「植物オイル」を使用しています。どちらも環境と人体に負担をかけない上、植物を育てることにより繰り返し得られる再生可能な資源です。塗り直しや補修も可能なので、永く使うものには特にふさわしい仕上げです。

<主な仕上げ>

オイル、ナチュラル

木肌そのままの色の美しさを引き立てる仕上げの技法です。亜麻という草の種子から搾油した亜麻仁油を主成分としたオイルを染み込ませ、摺込み、拭き上げます。木によく馴染み、自然の木肌そのままのしっとりとした風合いと心地良い肌触りが得られます。素材の表層部に浸透させる塗装のため、部分的にはがれてしまう心配はありません。
オイル、ナチュラル仕上げ
ブラウン

オイルに、弁柄という鉄成分の多い土でできた鉱物を混ぜて発色させた、自然のブラウン色です。
ブラウン仕上げ
拭き漆塗

ウルシの木から採取した樹液を濾過し、不純物を除去した生漆を丹念に摺込み、拭き上げる技法です。漆を塗り、拭き上げ、じっくりと乾かし、研いでまた塗る。この工程を何回も何回も繰り返すことで、光沢と深みのある漆膜ができあがります。木目がくっきりと浮かび上がるのが特徴で、表面強度、耐久性も優れています。
拭き漆塗仕上げ
黒色漆塗

漆が金属分と化学反応して黒く発色する性質を用いて、黒色に仕上げる漆塗りです。
拭き漆塗と同じく、漆を塗り、拭き上げ、じっくりと乾かし、研いでまた塗る、という工程を何回も繰り返します。
始めは黒が強いですが、時間が経つとともに色が落ち着き、木目がより際立ってきます。
黒色漆塗仕上げ
黒漆/朱漆

漆に鉄分や顔料を混ぜて発色させた色漆です。

黒漆・・・精製した漆に鉄分を加えて黒く発色させた漆です。
朱漆・・・精製した漆に赤の顔料を加えた漆です。
白漆・・・精製した漆に白の顔料を加えた漆です。

この他にも緑漆などがあります。
黒漆/朱漆仕上げ
無塗装仕上げ

無垢の木の木肌そのものの色や手触りを活かした、あえて塗装をしていない状態です。
木肌の色が生き、有害な化学物質を含まないため子どもが口にしても安心です。
無塗装仕上げ

閉じる